Blog&column
ブログ・コラム

取得代行を依頼するメリット・デメリットは?

query_builder 2024/03/31
コラム
11
Pマークを代わりに申請してもらう場合には、取得代行を依頼するとスムーズに手続きが行えます。
事前にどのようなメリット・デメリットがあるのか把握しておくと、安心して任せられるのではないでしょうか?
そこで今回は、取得代行のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。
▼取得代行のメリット
■手続きの負担が減る
煩雑な書類作成をすることが必要がなくなるので、手続きの負担が減ります。
手続きミスによる申請のし直しも発生しないので、時間の短縮にもつながるでしょう。
■専門知識が必要ない
取得代行の専門家に任せられるので、専門知識が必要ありません。
申請作業は法律も関わってくるので、専門知識を習得せずに手続きを行えるのはメリットと言えるでしょう。
■コンプライアンスを遵守できる
企業が必要な手続きを行っていない場合、コンプライアンスの問題になりがちです。
専門家のサポートで取得代行できれば、そのような問題が起こりにくくなるでしょう。
▼取得代行のデメリット
費用がかかる
専門家に取得代行を依頼すると、専門家への報酬や書類作成費用などが発生します。
ただし、費用分だけのメリットは得られるでしょう。
▼まとめ
取得代行には「手続きが楽になる」「専門知識が必要ない」「コンプライアンスを遵守できる」といったメリットがあります。
ただし費用はかかるので、事前に問い合わせておくと安心でしょう。
Pマークの取得を目指している企業様は、現役審査員が在籍する『Pマーク取得支援センター』までお気軽にご相談ください。

NEW

  • 見積もりのチェックポイントは?

    query_builder 2024/04/30
  • 取得代行を依頼するメリット・デメリットは?

    query_builder 2024/03/31
  • 個人情報の漏洩で起こるリスクは?

    query_builder 2024/02/29
  • ワンストップサービスのメリットは?

    query_builder 2024/01/31
  • PMS構築の方法と内容について

    query_builder 2023/12/31

CATEGORY

ARCHIVE